娘に東大生の家庭教師をつけて中学受験させた話

私は、娘が中学受験をしたいと言い出したために初めは目が点になりました。成績もどちらかというと下から数えたほうが早いほど悪かったために、何度も何度も説得しても受験するの一点張りであり、理由を聞いてみると仲が良い友達が受験するということが理由でした。中学受験は、友達と一緒に合格できるほど甘いものではないとしかったのですが、娘は言うことを聞かずに受験したいと言っていました。渋々承諾しましたが、家庭教師を付けることを条件に承諾しました。

家庭教師も現役東大生であり、成績が悪い娘にとってはちょうど良かったと思います。東大生の家庭教師ということもあって、非常に教え方が上手く娘の成績もすぐに上がって行きました。六年生の一学期の成績ではトップに近い成績をマークしており、中学受験も夢ではないと思いました。東大生も手を焼いていたと思いますが、頑張って指導してくれていたと思います。

中学受験の結果は、合格でありあんなに成績が悪かった娘が合格したということが本当に驚きました。しかし、友達はどうやら落ちていたみたいで娘も落ち込んでいました。しかし、合格したことの方の喜びが強いらしく、無邪気に喜んでいる姿を見てほっとしました。